膣の臭いがおさまらない場合は病院へ

女性にとってデリケートゾーンの臭いはとても深刻な問題です。膣から出たオリモノや、デリケートゾーンの汗、尿など、色々なものがまざってしまった時の臭いはとても不快なものであります。

オリモノシートなどをつかっていると夏場などは特にむれやすく、臭いを発する原因となります。膣からでてくるもので下着を汚れないようにするものにするにはオリモノシートは必須なのですが、頻繁に交換することができないととても不衛生な状態になり臭いがでてきてしまいます。

natu

また、生理のときも同じです。ナプキンを頻繁に変えることができないと、むれてしまい、生理の経血の臭いと汗の臭いとがまざって悪臭がただよいます。臭いがでないように頻繁に交換をしたり、ウォシュレットについているビデ機能をつかって膣を洗浄したりすることで対策をしていますが、外出先の場合はなかなかできないため、それだけでは臭い対策が追いつかない場合もあります。

膣の臭いケア

そういった場合は膣の臭いの対策をするための薬用の洗浄剤をつかうとよいようです。これをつかえば雑菌やばい菌が繁殖しにくく、清潔で無臭の状態を保ちやすくなるとのことです。ただ、膣の臭いがあまりにもひどい場合は、それは病気のサインかもしれません。対策をしてもにおいが消えない場合や、ひどい場合は、一度産婦人科に行ってみてもらったほうがよいでしょう。

婦人科系の病気が早期発見できるかもしれませんし、もしかしたら性病のウイルスに感染していることが見つかることもあるかもしれません、膣の臭いがあるということは正常な状態ではないということですので、しっかりとケアしていきましょう。

SNSでもご購読できます。