脇の下の「わきが」は、皆さんご存知だと思いますが、陰毛部分にもわきがは存在します。これを「すそわきが」と言います。

陰毛には、アポクリン腺という汗を分泌する汗腺があります。このアポクリン汗腺は、大陰唇や肛門周囲、外陰部・脇・乳輪・おへそ周辺にもあり、通常のわきがと同様に、独特の臭いを発生させます。

「すそわきが」のケアと対処の仕方

「すそわきが」は、陰毛のアポクリン腺が、わきがのような臭いを放つのが特徴のひとつです。おりものや経血などの臭いとは異なります。

すそわきがの対処法としては、アポクリン汗腺を除去する手術を受けると、臭いの発生を抑えることができす。しかし、切開による手術となると少しハードルが高いですよね。

いいね

でも、安心してください。

手術をしなくても、デリケートゾーン専用の石鹸で、すそわきがの臭いを抑えることは可能です。

すそわきがの臭いを抑えるなら、デリケートゾーン専用の石鹸の使用がおすすめです。

ポイントは、わきがの臭いを発生させる”コリネバクテリウム”という菌の繁殖を抑えることです。高い殺菌力とデリケートな部分に使用できる、肌に優しいデリケートゾーン専用の石鹸を選びましょう。

注意:すそわきがの間違った対策

デオドラントクリームは膣には使わない

わきがの臭いを抑えるデオドラントクリームも効果的と言えますが、デリケートな膣への使用は控えましょう。

殺菌成分が強すぎて、膣の環境を整える善玉菌まで殺菌してしまいます。それにより自浄作用の低下、細菌への感染につながります。

ボディーソープや市販の石鹸は使わない

ボディーソープや市販の石鹸も、刺激が強く善玉菌まで一緒に洗い流してしまい、ニオイが悪化してしまいます。皮膚が炎症をおこし、酷い痒みを伴う可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。

すそわきがの臭い改善に最もオススメな石鹸は「PEACH JOHNデリケートウォッシュオイル」

人気NO1のデリケートゾーン専用石鹸は「ピーチジョンのデリケートウォッシュオイル」

  • 菌の繁殖、臭いの元を抑える殺菌力
  • デリケートな膣を洗うための、自然由来の肌に優しい成分
  • 安心の界面活性剤不使用、無香料、無着色

>> ピーチジョンのデリケートウォッシュオイルの詳細を見てみる

スソワキガによる膣のニオイは食事管理でも軽減される

ケア用品を使ってスソワキガの臭いを抑えるのもひとつですが、食事管理をすることでも臭いの軽減が図れます。

スソワキガ(外陰部臭症)は、動物性たんぱく質や脂肪分を摂取することで臭いが強くなります。

動物性たんぱく質は、鶏むね肉や牛モモ赤身肉、タラなどの肉や魚など。脂肪分は、植物油やマーガリン、バター、マヨネーズなどが例として挙げられます。

どちらも美味しい食事には欠かせない食品なので、全く食べないのは難しいと思いますが、意識的に控えてあげることでスソワキガの臭いを抑える効果が期待できます。

デオドランド用品と合わせて食事管理もすることで、より膣の魚臭さが軽減されますよ。

すそわきが、病院の治療法とは?

通常のわきがと同様に、アポクリン腺を塞いでしまう手術・ボトックス注射などがあります。しかし、すべての汗腺を塞ぐことは不可能なので、手術しても他の部分から臭いが出てしまいます。注射に関しては、継続的治療が必要になるので、病院での治療も十分ではないようです。

日々の雑菌を洗い流すことで、すそわきがの臭いは改善されていきます。毎日のケアがとても重要です。

すそわきがってどんなにおい?

すそわきがの臭いは、ワキガとは少し異なります。ワキガは、玉ねぎのようなツーンとした臭いがしますが、すそわきがは、納豆とチーズが合わさったような独特な臭いがします。

想像しづらい臭いですが、すそわきがの場合、排泄器官があること、ムレてやすいので雑菌が繁殖しやすいこと、おりものに含まれる乳酸成分と混ざること、などの理由からワキガよりも臭いが強くなります。雑菌や分泌液(おりもの)をしっかりと洗い流すことにより臭いが抑えられるので、毎日のケアをしっかりとおこないましょう。

また、デリケートウォッシュオイルは、膣だけでなくワキにも使用できるので、ワキガ臭も抑える効果が期待できます。美容成分が多く含まれており、黒ずみ改善にも効果的なので、ワキガ対策として使用するのもおすすめです。