洗髪や洗顔・身体の洗い方は、よく雑誌や情報番組でも紹介されていますが、膣内、膣外の洗い方は、あまり知る機会がありません。

膣内・膣外は、身体の中でもっともデリケートな部分です。正しい知識を持って安全にケアをおこないましょう。

膣内と膣外(外陰部)の正しい洗い方

膣外、外陰部の洗い方

膣外、外陰部の洗い方の順序としては、前から後ろへと移動するのが基本です。肛門周辺の雑菌を、外陰部に運んでしまわないためです。

また、水のみでは、恥垢や雑菌を洗い流すことはできません。石鹸をよく泡立てて、恥垢が付着している大陰唇や小陰唇などの細かい部分を指の腹を使い丁寧にしっかりと洗わなくてはいけません。

ポイント

市販の石鹸やボディソープでは、アルカリ成分が強いため臭いを防いでいる善玉菌まで一緒に洗い流してしまいます。

外陰部を洗うときは、デリケートゾーン専用の石鹸を使用しましょう。

>> 膣用石鹸おすすめランキングを見てみる

膣内の洗い方

デリケートゾーン専用でも膣内部を洗うことができません。

膣内には「自浄作用」というものが働いていて、膣内部を弱酸性に保っています。石鹸で洗うことにより自浄作用が乱れてしまい、膣内の炎症・細菌性膣炎にかかりやすくなってしまいます。

ポイント

膣内を清潔にするには、専用の膣内洗浄剤で洗う必要があります。

水のみでは、恥垢や雑菌を洗い流すことはできません。

  • 膣内部は、専用の洗浄剤で膣内環境を整えながら洗浄しましょう。
  • 膣外部は、デリケートゾーン専用石鹸で洗いましょう。

とくに気をつけたい膣内環境

膣内は、乳酸成分により自浄作用が働き、膣内環境を正常な状態に保っています。

膣内環境が乱れることにより、雑菌が増殖して臭いや炎症の原因に繋がるので、お手入れの際は注意が必要です。

膣内環境を正常に保つためには、次の2つが大切です。

  • 膣内を定期的に洗浄して清潔に保つ
  • 膣内の乳酸を補う

もし膣内の臭いが気になっているなら

膣内の臭いが気になる場合は、膣内環境が乱れている可能性が高いです。膣内環境を正常に保つことで膣の臭いを改善することができます。

そのためには洗浄はもちろんですが、乳酸が必須です。膣内を清潔に保ちつつ乳酸成分を補うことで、膣内環境を整えて臭いの改善に導きます。

自浄作用を高める、膣専用の洗浄剤の正しい選び方

洗浄剤の選び方のポイントは、次の3つです。

  • 乳酸配合の物であるか
  • 弱酸性であるか
  • 善玉菌を洗い流してしまわないか

膣内部の自浄作用を高め、膣の臭い改善にはインクリアがおすすめ

84%が効果を実感!乳酸配合で膣内部の環境を整えるインクリア

デリケートゾーン専門の産婦人科医と、共同開発されたインクリア。乳酸配合で膣内部を正常な状態に保つサポートをしてくれます。

ジェルタイプの洗浄剤になるので、低刺激でより効果を発揮し、使用者の84%以上の人が効果を実感しています。膣内部の洗浄剤はインクリアがオススメです。

>> 膣内環境を整えるインクリアの詳細を見てみる

いいね

間違ったケアは、カンジタなどの性病にかかりやすくなります。正しい知識で膣内環境を整えましょう。

デリケートゾーンの洗いすぎはかゆみの原因になるから要注意!

外陰部を洗う場合は、デリケートゾーン石鹸を使用するのがおすすめですが、いくら刺激の少ないデリケートゾーン石鹸とはいえ、洗いすぎは禁物です。

ゴシゴシと強く洗いすぎることで細菌だけでなく常在菌(表皮ブドウ球菌)まで洗い流してしまい、臭いやかゆみの原因になります。

デリケートゾーンは、さっと水で洗い流すだけで約60%の常在菌がいなくなり、さらに石鹸などで洗うことで30%いなくなります。

しかし、ここで全ての菌を洗い流してしまうと、その他の有害菌が繁殖して肌トラブルやニオイなどを引き起こします。

常在菌があるからこそ膣が弱酸性に保たれ、アルカリ性を好む性質がある病原菌が繁殖できなくなっているため、全ての菌を洗い流してしまわないようにデリケートゾーンは丁寧に洗うことが大切です。

間違ったケアはデリケートゾーンかぶれの原因へ

間違ったケアは、カンジタなどの性病にかかりやすくなります。正しい知識で、膣内環境を整えましょう。デリケートゾーンは、ただ洗えばよいわけではありません。

正しく、安全に洗うのが基本です。間違った方法でケアをすると、かぶれの症状が現れます。洗い方以外でも膣がかぶれる原因はあります。

たとえば、生理ナプキンをマメに取り替えなかった、かきすぎてしまった、締め付けの強いスッキングや下着を身に着けていた、なども挙げられます。

女性器がムレて雑菌が繁殖すると、かぶれてしまうので、やはり日ごろから雑菌をしっかりと洗い流がしておくことが大切です。